BBクリームの傾向

BBクリームのおはこを簡単にいうと、「日焼け止め+ベース+ファンデーション」です。ファンデーションの規格を持っていますので補償アビリティーがしっかりしています。BBは「Blemish(負傷を)Balm(癒す)」の頭文字を取ったもので、ダメージを受けた皮膚を保護して、お肌をキレイに見せつけるリキッドファンデーションという効果も持つ一つ化粧品とも言えます。
BBクリームは、表皮をしっかりカバーしたい、シワや汚れ、赤みを隠したい、にきび跡をキレイに隠したいといった第三者にオススメです。補償アビリティーはしっかりしていますが、厚塗りしているように思えたり、ベタつきイメージが気になることもありますので、そのような場合はフェイスパウダーで取りまとめると良いでしょう。
似たような名称で区分けしにくいのがCCクリームです。CCクリームを簡単にいうと「ベース+ハンドリング彩り」です。ファンデーション規格は持っていませんが、肌色を補正して自然出来ばえとしていただける。CCは「Color Control」「Complete Corection」「Care Control」など、品名によって多少の違いがありますが、その訳を考えると表皮を補正始めるクリームという意味合いのようです。BBクリームよりもアップがするどく、敢然とカバーするよりは小気味よい感じで普通に仕上げたい顧客にオススメです。参照HP